過払い請求、自分で行うか専門家に依頼するか

過払い請求は、自分で全ての手続きを行う場合と、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼する場合があります。

どちらにもメリットがありますので、状況に合わせて決めることが大切です。


自分で過払い請求を行う場合、最も大きなメリットは費用を掛けずに手続きを行うことができるという点です。

返還された過払い金も全て自分のものになりますので、費用的なメリットは非常に大きくなります。

ただし、全く知識が無い状態で手続きを行う場合は、手続き方法や法律的な知識を身に付けてから臨まなければなりません。


最近では、実際に過払い請求を行う人が増えていますので、インターネット上に個人の体験談が公開されていたり、弁護士事務所が過払い請求についての記事を掲載していることもあります。

そのため、情報収集を行うのに苦労はありませんが、手間や時間が掛かります。

過払い金請求は代行されることが多いです。

また、手続きのための時間も作らなければなりませんので、会社勤めの人が自分で行うと、なかなか進まないケースもあります。
弁護士や司法書士に依頼して過払い請求を行う場合、最初にキャッシング会社に対して受任通知が送付されます。受任通知を受け取ったキャッシング会社は、その後債務者と直接コンタクトを取ることができなくなります。



返済が滞っている場合はキャッシング会社から頻繁に連絡が入りますので、コンタクトを取る必要が無くなるのは、とても大きなメリットです。

また、受任通知送付後は、キャッシング会社は取り立てを止めなければなりません。
支払いも一時的にストップしますので、平穏な日々を取り戻すことができます。



報酬を支払うため、自分で手続きを行うよりも費用は掛かりますが、お金よりも手間や労力、安心感を重視する人は、専門家に依頼した方が安心です。

このように、自分で過払い請求を行う場合と専門家に手続きを依頼する場合、それぞれにメリットがあります。
迷っている時は、専門家の無料相談を利用してから決めるという方法もあります。